新生銀行カードローン レイクから借入する

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


お電話による契約申し込み

自動契約機による契約申し込み

郵送による契約申込み


40万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 1〜500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円(10万円単位) ★★☆☆☆


新生銀行レイクで40万円借りるQ&A

誰もが投資のチャンスがある日経225先物
日経225先物という投資商品があります。 これは日本を代表するような企業225社の株価指数の値動きに対応して取引が出来る商品となっています。 この金融商品は通常の株式取引とは違い取引きの量も多く、取引時間が長いといった特徴があります。 朝の九時から午後の三時までの取引時間に加えて、午後の四時半から翌日の朝の三時まで取引が可能です。 昼間忙しい方でも取引が出来るということで人気の取引きともなっています。 日経225とは普段のニュースなどでもよく取り上げられている指標で、略されて日経平均といわれています。 それだけ多くの人に注目されているもので、日本の景気を表したりする代表的なものといっていいでしょう。 先物というのは、将来のある時点で現物に交換することの出来る権利です。 ですから日経225先物というものは、この権利を売買する取引です。 ちょっと難しいかもしれませんが、日経225の株価指数と連動した値動きとなります。 日経225が上昇すれば上昇し、下落をすれば下落をするといった動きをすることが一般的です。 そして、将来のある時点というのが限月といわれているもので、この日になると日経225の価格で決済されるということになります。 ちなみに、決済日まで待たなくても反対決済は可能です。 日経225先物は権利の売買ですから、手数料が現物株に比較してかなり安いことが多いといったことや、取引時間が長いといったこともあって人気の金融商品となっています。