今すぐに40万円借りたい時の【40万円借りる方法】

40万円借りるには

今すぐにお金を借りたい際に役立つのがカードローンです。即日融資・低金利と選択肢が多いのが特徴です!

今すぐに40万円借りれる会社ランキング

厳選の1社!【とにかくスピード重視】

急いで借りたい!安心の大手銀行系


プロミス

来店不要で最短即日融資も可能

土日祝日/借入可能
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
CMでもおなじみ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。
30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

>> ▲今すぐ詳細をチェック!

融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間借入可能
【最短30分審査回答】


アコム

即日融資の目安:平日14時までに手続完了

土日祝日/借入可能
※アコムは三菱UFJファイナンシャルグループです。 担当スタッフが全て女性ですので、初めてお金を借りる方や、女性でも安心して利用できます。 ※パート、アルバイト、派遣社員の方もお申し込み可能 申込みから振り込みまで迅速対応であると評判が高く、利用者も多いのが特長です。

>> ▲今すぐ詳細をチェック!

融資利率 融資限度額 スピード
3.0% 〜 18.0% 800万円 最短1時間融資可能
審査・回答
【最短30分】


アイフル

最短1時間と即日融資も可能!

土日祝日/借入可能
初めての方は最大30日間利息0円
1秒診断!ご融資可能か即診断できます
CMでおなじみのアイフルは審査がスピーディーでわかりやすく大変便利です。

>> ▲今すぐ詳細をチェック!

融資利率 融資限度額 スピード
3.0%〜18.0% 800万円

提携コンビニATMで現金引出OK

カンタン3STEPでカードローン契約をすれば、コンビニから24時間365日いつでも気軽にお金を借りれます!

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい


40万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★☆☆

お金を借りる前に

はじめて40万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

すぐに40万円借りる方法

今日40万円が必要になった場合に、すぐ現金を引き出すには、 事前にキャッシング機能が付いているカードローンに申込んでおくと、 イザ!今すぐにお金が必要になった時に、お近くのATMなどでお金を引き出すことが可能です。 けれど、なかなかそんな準備はできませんよね…。 事前に申込んでいないけれど、今すぐに40万円借りたい!と思った時にどうすればよいのか、分からない方も多いかと思います。 そんな時に重要になるのが、融資スピードです。

40万円必要になったら

今すぐに40万円借りるために必要な条件は、まず、速やかに即日融資が受けられるかどうかです。 今日中に40万円借りたい時や、今すぐに四十万円を借りたいときには特に、即日キャッシングができないと、間に合いません。 時間に余裕がある時はのんびりでも良いのですが、時間的に制限がある場合には、即日融資できるキャッシング業者を選びましょう! さて、お金を借りる際の代表的な方法は、即日融資をしたいときは(1)消費者金融からお金を借りる方法、 低金利でお金を借りたいときには(2)銀行からお金を借りる方法などがありますね。 今回のケースだと“今すぐに40万円借りる”のが目的なので、(1)消費者金融からお金を借りる方法で即日融資を受けるほうに注目していきましょう!

今すぐに40万円借りる

数ある“お金を借りる方法”のなかでも、即日融資といったら外せないのが大手消費者金融からお金を借りる方法です。 ただ、大手消費者金融からお金を借りる際には、メリットとデメリットがあります。 このメリットとデメリットをよく理解して、賢くお金を借りると良いでしょう。

大手消費者金融から40万円即日キャッシング〜メリットとは〜
銀行などをはじめとするキャッシングと比べて審査が甘いため、お金を借りやすい
即日融資によって、契約申し込み当日での借り入れができる
無担保&無保証でお金を借りることができる

大手消費者金融から四十万円借りる〜デメリットとは〜
銀行などをはじめとするキャッシングと比べると金利が高い

今すぐに40万円借りる!といったように即日キャッシングを希望している場合には、審査が甘いことや即日融資を受けられることはとてもうれしいのですが、 銀行からお金を借りることを考えると、金利が高くなってしまっているので、その点が気になりますね。 ただ、借入金額がそんなに高額借入じゃない場合や、短期間でサっと借りてサっと返す場合などには、金利の差が大きな負担とはならないため、 第一目的である“即日融資”を優先させても良いのではないでしょうか。

低金利で40万円借りる

今すぐに40万円借りる…のはいいとして、同時に低金利も気になる!という方は、即日融資の消費者金融よりかは融資速度は落ちますが、 大手銀行カードローンでは低金利でお金を借りることができますので、銀行カードローンでお金を借りるメリットとデメリットもご紹介します。

銀行カードローンで40万円借りるメリット
消費者金融などよりも、低金利でお金を借りることができる
銀行ならではの資金力で、高額融資を受けることができる

銀行カードローンで40万円借りるデメリット
審査が他のキャッシング業者と比べて厳しい
審査申し込みから審査が終了するまで少し時間がかかる

銀行カードローンでお金を借りる場合には、低金利というメリットはありますが、審査が厳しいというデメリットもあります。 初めてお金を借りる方や、他社借入件数も少なく審査に自信がある方などは、申込みをされても良いかと思います。

お金貸してください【豆知識】

多目的ローンとはどんなローンか
お金を借りるときはローンといった形を取ることが多いですが、そのローンにも様々な種類がありますので、まずはそれぞれの特徴についてよく知っておきましょう。 住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンは、その目的以外に利用することができませんが、その使い道が自由な多目的ローンというサービスもあります。 多目的ローンは、自由ローン、フリーローンなどとも呼ばれており、これは銀行や消費者金融、信用金庫などが取り扱う使途が自由なローンのことを指します。 そして申し込みには担保や保証人が不要なことが多いようですが、申し込む前にはもう一度確認しておくと良いでしょう。 目的が自由なローンというと、カードローンも有名な存在ですが、カードローンが利用限度額の範囲内で何回も出し入れが可能なのに対し、目的別ローンは申し込みの度に審査があり、借り入れの時は借入契約書を交わすことが一般的です。 そして使途が自由となっているため、目的別の住宅ローンなどのローンに比べて金利が高めに設定されていることが多くなっています。 それから、多目的ローンは使途が自由となっていますが、事業資金や投資資金に使うことは認められていませんので、そのことについては注意しましょう。 ローンの申し込みは来店で行うことが出来るのはもちろんですが、そのほかにもインターネットなどからも申し込むことができます。 金利や最大借入額、最長借入年数などは金融機関によって違いがありますので、まずはそれぞれの特徴をしっかり比較して最適なサービスを選んでいきましょう。
緊急!大阪のキャッシングでお金を借りる!
西日本最大の都市である大阪には、生活している人はもちろんのこと、ビジネスや出張で訪れる方、遠方から買い物やレジャー、観光などに出向かれる方もたくさんいることでしょう。 最新のファッションやブランドショップ、食い倒れで有名な数々の飲食店、華やかに遊べる繁華街などが充実しています。 思わずお金を使い過ぎてしまうこともあるかもしれません。 給料日までの生活費が足りなくなった、家賃の引き落としがあるのに口座残高が足りない、帰りの交通費がない、などお金のピンチが訪れることもあるのではないでしょうか。 クレジットカードも使えない、銀行口座にも残高がない、お財布の中にもないとなれば、これはお金を借りるしかありません。 そんな時便利なのがキャッシングです。 既に申し込んでいる方なら、ローンカードさえ携帯していれば、最寄りのコンビニなどに駆け込めばOKです。 大阪の繁華街には銀行や消費者金融のブース、コンビニなどのATMがたくさん揃っていますから、緊急時には助かります。 これから新規で申し込む場合には、気を付けたいことがあります。 繁華街などを歩いていると、「直ぐにお金を貸します」といったポケットティッシュやチラシを渡されたり、看板を掲げたサンドイッチマンが立っていたりします。 ですが、審査もせずにお金を貸すとか、クレジットカードやキャッシュカード、年金証書などを預かってお金を貸すというのは、法律違反です。 つまり、悪徳業者である可能性がありますので、新規で申し込むなら名の知れた銀行や消費者金融に足を運ぶのが賢明でしょう。